「バイト敬語」になっていませんか?

バイトに特化した敬語の使い方

バイトの面接でもバイト敬語はNGです

バイト敬語が嫌われる風潮について

面接は言葉遣いに気をつけよう

面接では「言葉遣い」に気を配るようにしましょう。正しい言葉遣いができれば話している内容が普通でも採用される確率が上がります。面接当日を迎えるまでに敬語の使い方など正しい言葉遣いをマスターしましょう。

面接は言葉遣いに気をつけよう

面接における言葉遣い

バイトの面接に臨む時に、髪型や服装などに注意をするだけでなく「言葉遣い」にも注意をしましょう。どのような言葉遣いをするかによって、バイト先の人に「どのような人間か」を測られてしまいます。特に注意したいのが敬語についてです。敬語を使えない人は、バイトの面接に通るのが難しくなるでしょう。特にお客さんと接することの多いバイト先の面接ではかなり厳しくなります。正しい敬語を使うことがいちばんですので、日頃から敬語の使い方を学びましょう。
もしも敬語の使い方を完全にマスターしていないとしても、臆せず使うようにしましょう。正しい敬語を使おうとしている努力がバイト先の人に伝わるだけでもイメージがまるで違います。海外からきた人が拙くても一生懸命日本語で話そうとしていると、日本人として嬉しくなり好感を持つと思います。同じようにバイトに応募をした人が若い場合は、拙くても一生懸命に敬語を使おうとしていたら、社会のルールを守ろうと頑張っている姿に好感を持つでしょう。間違っても、「中途半端な敬語を話すくらいならため口で勝負」などと思わないようにしてください。

なれなれしい言葉遣いは厳禁

初対面の面接官に対していきなりなれなれしい態度を取る応募者がいます。学生同士の場合は、一気に距離を詰める方法として時には有効な方法です。しかし面接では必ず逆効果になります。どんなにかわいい女性でも、面接官に対して「へー」とか「そうなんだー」というような立場をわきまえない言葉遣いをしては不採用になります。バイトを始めてしばらく経った後ならともかく、面接ではマイナスにしかならないはずです。
面接時の言葉遣いとして注意をしたいのは、言葉をきちんと切って話すということです。「はい」の後に小さな「っ」を入れるくらいのつもりで言葉を切って話すとハキハキとした印象を与えることができます。敬語がまだ上手に使えなくても「はい」「わかりました」などの言葉をハキハキと言うことはできるはずですので実行しましょう。

挨拶をしないと即アウトの可能性も

面接に限らずですが、人と人との出会いは「第一印象」が大切です。面接の第一印象を決めるのは「挨拶」です。面接会場に入ったら「よろしくお願いします」「お世話になります」と大きな声で挨拶をしましょう。指定された椅子などに座る時も「失礼します」と一声挨拶をして座ると好感度が上がるでしょう。会場に入り席に座るまで一度も挨拶をしなかった場合は、そこで面接不合格が決まるということもあり得ます。せっかく敬語を勉強して正しい敬語を使えるようになっていたとしても、挨拶ができないとその前の段階でアウトになってしまいますので気を付けましょう。