「バイト敬語」になっていませんか?

バイトに特化した敬語の使い方

バイト敬語をやめて正しい敬語を使おう

バイト敬語が嫌われる風潮について

正しい敬語の使い方とは

正しい敬語の使い方とは

せっかく一生懸命働いていても、バイト敬語を使うだけで「残念な店員」になってしまいます。残念なバイト敬語から卒業するためには、正しい敬語をきちんと学ぶことが大切です。バイト敬語以外にも間違った敬語が多々ありますのでしっかりチェックしておきましょう。場面や相手に合わせて正しい敬語をしっかり使えるだけでも「デキる人だな」と一目置かれるようになります。教材にマンガなどが使われていてわかりやすいと評判の通信教育「ホンキのビジネス敬語講座」などを活用して基礎からきちっと身につけてみてはいかがでしょうか。

三種類の敬語について

三種類の敬語について敬語には「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語」と三種類あります。尊敬語は相手や相手の行動を高めるために使い、相手が主語になる時に使います。丁寧語は相手と直接話す時や手紙を書く時などに使います。そして謙譲語は自分の立場を低く見せて、相手や相手の行動を高く見せるという特徴があります。自分が主語になる時に使うようにしましょう。正しい敬語の表現を覚えるだけでなく、シーンや相手に応じてふさわしい敬語を選ぶことも大切になります。・・・続きを読む

間違い敬語を見直そう

間違い敬語を見直そうバイト敬語が通用するのはファミレスやコンビニなどのマニュアルがある職場だけです。他のバイト先では正しい敬語を使えるようにしましょう。バイト先で良く使う定型句のような言葉に関しては暗記をしておくと良いでしょう。例えば「確認しろ」を正しい敬語にすると「恐れ入りますがご確認をしていただけませんでしょうか?」となります。また「了解しました」は目上の人が使う敬語ですので、「かしこまりました」「承知いたしました」を使うようにしましょう。・・・続きを読む

「ホンキのビジネス敬語講座」ならマンガで学べる

「ホンキのビジネス敬語講座」ならマンガで学べるバイト先できちんとした敬語を使いたいと決意をした人は通信教育の「ホンキのビジネス敬語講座」で勉強をしてみてはいかがでしょうか。敬語を学べるテキストと添削問題が送られてきますので、勉強をして添削問題の解答用紙を送付するとホンキのビジネス敬語講座の担当プロフェッサーが添削して返却してくれます。真剣に取り組めば3か月で敬語をマスターできるかもしれません。マンガやイラストを多用しているので取り組みやすく敬語が頭に残りやすいと評判です。・・・続きを読む